次世代育成支援対策推進法に基づく大和自動車交通グループ 行動計画

行動計画

当社は、「従業員の仕事と生活の調和を応援する会社」を目指し、全従業員が安心して仕事にに取り組み、その能力を十分に発揮できる職場環境の整備に取り組む。

1、計画期間

令和2年4月1日から令和7年3月31日までの5年間

2、計画内容

目標1

 令和7年3月までにグループ全体における乗務員(タクシー・ハイヤー)の女性割合を20%以上にする。

 ※令和2年2月時点、女性の割合は1.4%

【対策】

令和2年4月~

 社内で作成したコンプライアンスカードを全従業員に配布し、安心して働ける職場である事を周知する。

令和3年4月~

 子育て世代に配慮した事業所若しくは、部署を作り、子育てしながら働きやすい環境を作っていく。

令和4年4月~

 令和2年4月から実施した施策を採用活動でアピールしていく。

目標2

 令和7年3月までにグループ全体における乗務員(タクシー・ハイヤー)の男女間の平均勤続年数の差異を3年以内に減らす。

 ※令和2年2月時点 男性の方が女性より6.57年長い

【対策】

令和2年9月~

 女性従業員からのヒアリングを行い、より働きやすい職場環境作りの指針を作成する。

 出産、育児等に伴う休業について、管理職向けに講習会を行い、理解を深めて貰う。

令和3年4月~

 子育て世代に配慮した事業所若しくは、部署を作り、子育てしながら働きやすい環境を作っていく。

目標3

 令和6年12月までにグループ全従業員の年次有給休暇の取得率を50%以上にする。

 ※令和元年(H31年1月~令和元年12月)の取得率は30%

【対策】

令和2年4月~

 従業員に年間の有給休暇の取得予定を提出して貰う事で、余裕を持った有給休暇の取得を図る。

 有給休暇の取得日数が少ない従業員に対しては、取得しにくい事情をヒアリングし、改善策を行う。

令和3年4月~

 子育て世代の各イベント毎に有給休暇取得を促す措置を導入。

公表情報

1.採用した労働者に占める女性労働者の割合(令和2年2月末時点)

  男性 女性
乗務員  98.6% 1.4% 
乗務員(短時間) 100%  0% 
乗務員以外の正社員 91.6%  8.4% 

乗務員以外の短時間

56%  44% 

2.男女の平均継続勤務年数の差異(令和2年2月末時点)

  男性 女性 差異
乗務員 8.16年 1.59年 6.57年
乗務員(短時間) - - -
乗務員以外の正社員 18.5年 15.1年 3.4年

乗務員以外の短時間

5.3年  5.3年 0年