広報「パブリック・リレーションズ」2019

大和自動車交通株式会社の様々な事業への取り組みと、事業を通じての社会・経済への貢献についてご紹介致します。


2019.11.21(木)~24(日) あいちITSワールド2019 出展のお知らせ

 

 大和自動車交通は、2019.11.21(木)~24(日) あいちITSワールド2019へ出展致します。

 

ITS(Intelligent Transport Systems:高度道路交通システム)とは、最先端の情報通信技術等を用いて、「人」「道路」「クルマ」を一体のシステムとして構築することで、事故や渋滞、環境問題など、交通が抱える様々な課題を解決し、わたしたちの暮らしをより良いものにしてくれるシステムです。身近なITSといえば、カーナビやVICS、ETC、安全運転支援システムなどがあげられます。ITSワールドではこれら最先端の技術を目で見て体感することができるイベントです。

 

共同開発をしている群馬大学ではブースの出展の他、ポートメッセなごや内駐車場での自動運転の実験走行を実施します。乗車定員最大35名の日野自動車株式会社製「HINO Poncho(日野ポンチョ)」を自動運転へと改造した車両を使い、最高速度25kmでポーメッセなごや内駐車場を周回いたします。無料で乗車可能ですので、ぜひこの機会にご来場いただき、自動運転自動車をご体験ください。

また、大和自動車交通としてもブースを出展しておりますので、ぜひお立ち寄りください。

 

【イベント概要】

■展示企画:企業等のITS技術や大学のITS研究の展示、主催者企画展示(テーマ:「交通事故の防止」、「自動運転」)など

■参加・体験企画:自動運転バス試乗会、セーフティドライブ体験、超小型モビリティ試乗会、スタンプラリー

■ステージ企画:大学生によるITS研究発表

■特別講演会:専門家による最新動向の紹介

 

【会場】

●場所:ポートメッセなごや1号館 ※第21回名古屋モーターショーが同時開催されております。

●会期:2019年11月21日(木)~2019年11月24日(日)

●開場時間:午前9時から午後6時まで(※最終日のみ午後5時まで)

 

 

関連ページ:

あいちITSワールド2019

第21回名古屋モーターショー



みんなのタクシー株式会社

東京都内のタクシーにおける訪日外国人向け「多言語音声翻訳システム」の実証実験を実施

 

KDDI 株式会社、みんなのタクシー株式会社(以下 みんなのタクシー)は、都内タクシー会社 5 社(大和自動車交通株式会社、他4社と連携して、タクシー車両において、多言語音声翻訳システムを活用し、訪日外国人観光客がタクシー内で円滑なコミュニケーションを実現するための実証実験を実施します

 

■多言語音声翻訳システムについて

タクシーの後部座席に設置されたタブレット内臓のマイクと、運転席に設置されたマイクを通して、会話を行います。それぞれの会話は、クラウド上にある多言語翻訳プラットフォームにより、目的の言語に翻訳されます。

 

KDDI 株式会社は、これまで鳥取県、東京都、沖縄県における観光タクシー内での本システムの実証実験を行っており、円滑なコミュニケーションの実現とタクシー乗務員の操作負担の軽減に関して、検証と改善を繰り返すことにより、精度を向上してきました。

今後、本実験を踏まえて、訪日外国人観光客の満足度や安心感の更なる向上に加え、タクシー乗務員によるきめ細やかなコミュニケーションの実現に向け、本システムの商用化の検討を進めていきます。また、既に導入済みのIoT サイネージサービスや、タクシー配車アプリ「S.RIDE」と連携した S.RIDE Walletの機能を有する後部座席タブレットに本システムを搭載し、一つのタブレットで多様な機能を一括で提供し、乗客の利便性の向上を目指します。

 

 

関連ページ:

2019.11.12 東京都内のタクシーにおける訪日外国人向け「多言語音声翻訳システム」の実証実験を実施(PDF)



みんなのタクシー株式会社

需要予測サービスの商用利用開始と安全運転支援への取り組みを強化

 

みんなのタクシー株式会社は2019年11月5日の事業説明会の中でソニーとのモビリティ領域での連携強化として、需要予測サービスの商用開始と安全運転支援への取り組み強化について発表致しました。

 

 

■ 需要予測サービスの商用開始

 

2019年11月5日より大和自動車交通株式会社が保有するタクシーに搭載されているドライバー用タブレットに、ソニーのAI技術で開発した需要予測アプリを搭載し、商用サービスを開始しました。このアプリは単に需要予測するだけではなく、乗車点予測、長時間乗車率、空車動態表示、おすすめルート表示、特需発生表示等、タクシー会社の稼働率・売り上げ向上に貢献する多くの機能を搭載しています。

 

この需要予測サービスはタクシー運転手へ効率的な営業のサポートをする技術として、みんなのタクシーがソニーR&Dチームと共に開発したサービスです。「需要予測」とは細かいエリア単位に分割し、特定時刻における乗車数を予測、どこでどれほどタクシーの需要があるかを運転手に知らせるものです。提携するタクシー会社では約10,000台にも及ぶ車両の動態データを保有しており、このデータを活かし機械学習により予測システムを構築しました。一方で、その結果をタクシー運転手にどのように見せ、伝えればいいかは非常に難しく、運転手の生の声や意見を取り入れ、実証実験を何度も繰り返し改善を重ねました。予測した「どこに行けば乗客が多いか」という情報に加え、降雨状況や、交通機関の状況、周辺で行われるイベント開催予定といった、タクシー需要に関係する情報とともに運転手に知らせるアプリを開発しました。もちろん、それらの情報は需要予測の機械学習にも用いています。他にも、長距離利用客がどこで見つけやすいか、何台の空車がその付近を走っているかといったことまで分かるようにし、実際にシステムを利用したタクシー運転手たちからは好評を得ています。

 

 

■ 安全運転支援への取り組み強化

 

タクシーで利用されている車両と同型の車両にソニーの各種センサー、LiDAR*等を搭載して走行し、センシングデータの収集や運転操作記録(アクセル・ブレーキ・ハンドル操作)を収集、解析し、危険予測データベースの構築を推進します。24時間365日あらゆる所を走っているタクシーに取り付けたセンサーから得られる情報は、画像解析による安全運転支援への応用による交通事故の減少や、その先のモビリティサービスへの応用といった点で、まさに社会インフラと言えるだけの価値があります。

当該データの取得により、安全・安心スコアを算出、熟練ドライバーとの差分評価、及び危険検知をもとにドライバーへの警告や注意喚起を行う安全運転支援ツールを構築し、実際のタクシーに搭載して今後検証を開始する予定です。

 

*LiDARは、レーザー光を走査しながら対象物に照射してその散乱や反射光を観測することで、対象物までの距離を計測したり対象物の性質を特定したりする、光センサー技術のことです。

 

 

関連ページ:

2019.11.05みんなのタクシーが提供する需要予測サービスの導入について(PDF)



みんなのタクシー株式会社の事業説明会へ参加いたしました

 

2019年11月5日、みんなのタクシーは事業説明会を開催し、大和自動車交通を含め都内タクシー会社5社が参加しました。

 

当日のアジェンダとしましては、

1、事業開始後の実績

 ・配車事業

 ・広告事業

 ・決済事業

 ・東京以外への地域への展開を加速

 ・新機能と各種マーケティング施策

2、ソニーとのモビリティ領域での連携強化

 ・需要予測サービスの商用開始

 ・安全運転支援への取り組み強化

3、事業提携・資本業務提携による更なる成長

 ・東日本旅客鉄道株式会社とのMaaS領域での事業提携

 ・KDDI株式会社、株式会社NTTドコモ、株式会社ゼンリンデータコム、

  及び帝都自動車交通株式会社との資本業務提携

 

説明後の質疑応答の際には、参加された記者様から時間いっぱいまで多くの質問を頂き、S-Rideへの関心の高さと期待の大きさを感じ取らせて頂きました。

 

ソニー本社(東京都港区港南1丁目7−1)1階ロビーにて大和自動車交通を含むタクシー会社5社のタクシーが展示されておりますので、お近くまでお越しの際にはぜひお立ち寄りください。

 

 

関連ページ:

2019.11.05 みんなのタクシー株式会社 事業説明会 移動・交通の最適化に向けて協業を加速(PDF)



大和自動車交通、S.RIDE によるタクシーの事前確定運賃サービスを開始

 

大和自動車交通株式会社(以下、大和自動車交通)は、国土交通省によるサービス実施の認可初日となる 2019 年 10 月 28 日より、大和自動車交通が株主として参画しているみんなのタクシー株式会社(以下みんなのタクシー)のタクシー配車アプリ“S.RIDE”による事前確定運賃サービスを保有するタクシー車両 2,052 台で開始致しました。

 

事前確定運賃とは、お客様がタクシーに乗車する前にアプリ上で乗車予定地と目的地を入力すると、地図上の走行距離を踏まえて自動計算で運賃がアプリ上に表示され、配車により運賃を確定させるサービスになります。「渋滞や迂回等により運賃が高くなるかもしれない」、「到着するまでメーターを気にしなくてはいけない」という運賃に関するお客様の不安をなくし、タクシーに安心して乗車いただけるようになります。

 

乗車料金のお支払いは、アプリからのクレジットカード決済と車内での対面支払いに対応しております。

 



東京最大級のタクシーアプリ「S.RIDE」がグッドデザイン賞を受賞

 

大和自動車交通およびその他4社が出資する、みんなのタクシー株式会社(以下、みんなのタクシー)はソニー株式会社と共に、タクシー配車サービス・アプリ 「S.RIDE」で財団法人日本デザイン振興会主催の 2019 年度グッドデザイン賞を受賞致しました。

 

グッドデザイン賞は、製品、建築、ソフトウェア、システム、サービスなど、さまざまなものごとに贈られます。かたちのある無しにかかわらず、人が何らかの理想や目的を果たすために築いたものごとをデザインととらえ、その質を評価・顕彰しています。

 

みんなのタクシーのタクシー配車アプリの名称“S.RIDE”には、Simple、Smart、Speedy な乗車体験を提供する新たなタクシー利用体験を象徴しています。ワンスライドすることで、東京最大級のタクシーネットワークから一番近いタクシーを呼び出すことができるタクシー配車サービスで、お客様の利便性を追求し、Simple・Smart・Speedy な乗車体験を実現するアプリの UI/UX を実現しています。

 



ニッポン放送「DAYS 」ぐっさんのおでかけグッジョブ!で紹介されました

 

2019年10月7日(月)に放送されたニッポン放送「DAYS」の番組内「ぐっさんのおでかけグッジョブ!」のコーナーで大和自動車交通江東が紹介されました。

 

番組はradikoでも配信中で、2019年10月10日 10:48まで聴取頂く事が可能です。

radiko タイムフリー「DAYS Part2」

※「ぐっさんのおでかけグッジョブ!」のコーナーは14分から

 

 

「ぐっさんのおでかけグッジョブ!」は、MCの山口智充さんが気になるお仕事やお店、その道のプロの方々のいるところへ出かけていき、レポートをお送りする企画です。

 

番組内では実際に山口智充さんに大和自動車交通江東へお越し頂いて、ドライバーが出庫前の点呼を行う事務所の様子や、配車センターがお客様からの配車依頼に対応する様子、車両の整備を行う整備工場を取材して頂き、今年の春に新卒で入社し現在研修中の新入社員へのインタビューも紹介して頂きました。

 

街を歩けばあちこちで見かけるタクシーですが、そもそもタクシードライバーとはどのような仕事内容なのか、ドライバーさん達を支える配車センターや整備スタッフ達の業務など、実はあまり知られていない部分が多い業界でもあります。今回のような取材を通して、タクシー業界に興味を持ってくれる方が一人でも増えてくれたら嬉しい限りです。

 

 

関連ページ:

ニッポン放送「DAYS」

タクシー/ハイヤードライバー採用特集ページ

2020年新卒採用

トピックス一覧トピックス一覧2



「江東区民まつり中央まつり」への協賛のお知らせ

 

大和自動車交通は今年も「江東区民まつり中央まつり」に協賛させて頂きます。

皆さまお誘い合わせの上、ぜひご来場ください。

 

 

■開催日時:令和元年10月19日(土曜日)、20日(日曜日)

      午前10時から午後4時まで

 

■会場:都立木場公園

    江東区文化センター(民踊まつり:日曜日)

    豊住ゲートボール場(世代交流ゲートボール大会:日曜日)

 

■主なイベント

【イベント広場】 

 ・キャラクターショー

 ・マーチングバンド

 ・国際交流友好の広場(多国籍バザール、民族衣装の試着など)

 

【多目的広場】

 ・KOTOスポーツフィールド(オリンピック・パラリンピック競技体験)

 ・ふるさとまつりバザール(区内商店による出店、区内共通商品券の販売)

 ・産業展

 ・障害者作品バザー など

 

【噴水広場】

 ・歌謡ショーステージ

 ・フリーマーケット

 ・人力車試乗体験(木場公園大橋の往復) など

 

【入口広場】

 ・はるばるバザール(地方物産展)

 ・民俗芸能大会「木場の角乗」(日曜日のみ)

 

【ふれあい広場】

 ・区民ふれあいステージ

 ・ふわふわ・ミニ新幹線(無料)

 ・エコ環境ゾーン

 ・NPO・市民活動コーナー

 ・町会・自治会コーナー(模擬店)

 ・協賛企業PRブース など

 

 

関連ページ:

江東区民まつり中央まつり公式ホームページ

区報 令和元年10月1日号(江東区民まつり特集号)(PDF 1-4面)

江東区ホームページ(第37回江東区民まつり中央まつりの概要)



WEBマンガ

「オレはもう一度キミに逢うためにタクシードライバーになったんだ」

 

大和自動車交通株式会社が加盟する、東京ハイヤー・タクシー協会(以下、東タク協)では、タクシー業界の担い手となる若年層ドライバー採用促進の為、タクシードライバーを主人公としたWEBマンガ「オレはもう一度キミに逢うためにタクシードライバーになったんだ」全5話を制作し、無料で公開しています。

東タク協では昨年の夏にもマンガ調のパンフレットを作成しており、今回はPR形態を若者に訴求力の高いWEBマンガへと発展させています。物語の中には随所にタクシー業界の最新の情報が盛り込まれ、タクシー業界の今を知ることができます。

 

 

「オレはもう一度キミに逢うためにタクシードライバーになったんだ」

 URL http://www.taxi-tokyo.or.jp/manga/index.html

 

 =あらすじ=

主人公の大学新卒3年目のタクシードライバー、東宅士(ひがし たくし)が大学生時代に思いを寄せていた同級生の井伊今日香(いい きょうか)を偶然、自分のタクシーに乗せたことから始まる恋愛ストーリー。

 

 

関連ページ:

一般社団法人 東京タクシー・ハイヤー協会



2020TDM推進プロジェクトへの参加

 

大和自動車交通株式会社は、2020年の東京オリンピックおよびパラリンピック開催に向けた「2020TDM推進プロジェクト」に参加しております。

 

東京2020年大会期間中、都内は大会関係者、メディア、観客等、多くの人が東京を訪れるため、何も対策を行わないと、人やモノの移動が制約を受け、交通混雑に伴う「遅延」 等の都市活動に深刻なリスクが高まります。交通インフラを始めとした都市活動がどのように影響を受けるか、2019年夏にテストを行い、翌年に迫った大会開催に向けて課題を洗い出し、対策準備を行う計画が「2020TDM推進プロジェクト」です。

 

※TDMとは…安全で円滑な大会輸送の実現と都市活動の安定との両立を図るため、交通需要の抑制・分散・平準化を図る交通需要マネジメントのこと

 

 

=2019年夏の試行=

◆スムーズビズ推進期間: 2019年7月22日(月)~2019年9月6日(金)

 

=主な交通規制およびテスト(交通需要マネジメント)=

◆交通対策のテスト 交通規制実施日: 7月24日(水)・7月26日(金)

◆東京湾コンテナターミナル ゲートオープン時間拡大トライアル: 8月19日(月)~8月23日(金)

◆交通対策のテスト 交通規制実施予備日: 8月23日(金)

◆開会式テスト: 8月25日(日)

 

=交通規制を伴う主なテストイベント=

自転車ロードレース(武蔵の森~富士スピードウェイ): 2019年7月21日(日)

トライアスロン(お台場海浜公園): 2019年8月14日(水)~8月18日(日)

マラソン(東京23区内): 2019年9月15日(日)

 

交通規制やテストには人の移動や物流に影響の出る規制が含まれていますので実施日にご注意ください。

 

関連ページ:2020TDM推進プロジェクト

      Ready Steady Tokyo



S.RIDE Walletサービスを提供開始

 

みんなのタクシー株式会社(以下、みんなのタクシー)と大和自動車交通株式会社(以下、弊社)は、2019年7月31日より弊社タクシー車両において、ネット決済と後部座席タブレットを用いたS.RIDE Walletサービスを開始しました。

 

みんなのタクシーが提供するタクシー配車アプリ“S.RIDE”はワンスライドすることで、東京最大級のタクシーネットワークから一番近いタクシーを呼び出すことができるタクシー配車サービスです。

この“S.RIDE”アプリでは事前にクレジットカード情報を登録すれば、ネット決済が可能です。さらに路上やタクシー乗り場で弊社タクシーに乗車した際に、後部座席タブレットに表示されるQRコードを“S.RIDE”アプリで読み込むことで決済ができる「S.RIDE Wallet」にも対応しました。これにより目的地に到着後、キャッシュレスで速やかな降車が可能です。

 

みんなのタクシーと弊社は、今後も安心・安全・快適な移動体験の提供を通じて、豊かな社会につながるモビリティサービスを追求していきます。

 

 

関連資料:2019.08.06  大和自動車交通でネット決済/S.RIDE Walletサービスの提供を開始

関連ページ:みんなのタクシー 、S.RIDE[エスライド] 東京最大級のタクシーアプリ



西東京市による「移動支援の実証実験」への参加

 

大和交通保谷株式会社と他1社では、令和元年6月17日より西東京市が主導して行う、公共交通空白地域及び不便地域での「移動支援の実証実験」に参加しております。

 

この実験は、最寄り駅から徒歩では遠く、また道路が狭くてコミュニティバスでは対応できない公共交通空白地域及び不便地域にお住いの、65歳以上の方や小学生以下のお子様、妊娠中の方に対して移動の支援を行い、検証を行うものです。

 

弊社では西武柳沢駅南口駅前広場の乗り場から、柳沢第三市民集会場までを巡回するルートを担当しております。柳沢地域の実験は週に2日、水曜日と土曜日の10:00~12:00、14:00~16:00の時間帯で10分間隔程度で運行をしており、料金は150円です。

 

ご利用に際しては「利用者カード」が必要です。実験車両の方に直接いらして頂き、簡単なアンケートにお答えいただければ、その場で利用者カードを発行させて頂きます。事前申し込みの場合でも、専用の申込書を郵送頂くか、都市計画課(保谷庁舎5階)又は市民相談室(田無庁舎2階)の窓口での交付により入手が可能です。また令和元年8月発行の「お出かけ支援通信」に「実証実験試乗券」をお付けしました。一世帯一回は無料で試すことができますので、ぜひこの機会に実験にご参加ください。

 

 

関連ページ

 

■西東京市Web

https://www.city.nishitokyo.lg.jp/index.html

 

■移動支援の実証実験を実施中です!!(西東京Web)

https://www.city.nishitokyo.lg.jp/kurasi/kotu/idoushien/idoshien_jissyoujikken/idoshien.html



国土交通省「新モビリティサービス推進事業」への参加

 

大和自動車交通では国土交通省が実施する新モビリティサービス推進事業(参考:国土交通省  先行モデル事業概要)に参加をしております。

 

国土交通省では、新しい移動サービスを提供する「MaaS」を通じた地域の課題解決を支援する為、新モビリティサービス推進事業への参加を全国の地方自治体や民間企業からの公募し、集まった51事業の中から選定された19事業が「先行モデル事業」として決定しました。

その19事業のひとつである、兵庫県神戸市の「まちなか自動移動サービス事業実証実験」では、ニュータウンの住民を対象に大都市近郊型MaaSの実証実験が計画され、この計画に神戸市、日本総合研究所と共に弊社 大和自動車交通が参加をしております。

 

現在、2019年12月からの実証実験の実施に向け、過去の2018年12月16日(日)~2019年2月1日(金)に同地域で実施された実証実験(参考:住宅地における自動移動サービスの実証実験の実施について)の結果に基づき、新たな検証項目の設定と計画の立案、相乗り検証の為のシステム開発を進めています。



西東京市での移動支援実証実験参加

 

大和交通保谷株式会社と他一社は、西東京市と提携し移動支援の実証実験を行います。期間は2019年6月頃から3ヶ月程度かけて行います。

 

西東京市内にはコミュニティバスが存在していますが、一部地域では道路が狭いためにバスの運行がされていないエリアもあります。この問題を解決する為、地域のご高齢者や妊娠されている方、子連れの方といった徒歩や自家用車での移動が難しい方を対象に、タクシーを用いた移動支援を検討しています。実験の主目的はタクシーを用いた日常生活における買い物などでの支援で、そのニーズを調査します。

 

実験においては3つのルートを設定し、各ルートには2つから3つの乗車場所と一定区間の降車可能エリアを設けます。ルートには駅も含まれているため、他の公共交通機関と組み合わせて移動支援のタクシーを使うといったことも可能です。

タクシーは午前 10 時から正午の2時間と午後2時から4時までの2時間を週に2日走行します。料金はルートによって一人150円または300円、小学生以下は無料として設定します。

 

関連資料:移動支援の実証実験【西東京市web】(PDF)



東京最大級のタクシーアプリ S.RIDE(エスライド)提供開始

 

大和自動車交通およびその他4社が出資する、みんなのタクシー株式会社(以下みんなのタクシー)は、2019年4月16日より、配車サービス、及び決済代行サービスを東京都内(東京23区、武蔵野市、三鷹市)で開始しました。

 

みんなのタクシーは、都内タクシー会社5社(グリーンキャブ・国際自動車・寿交通・大和自動車交通・チェッカーキャブ)と、ソニー及びソニーペイメントサービスの合弁企業です。タクシー会社5社が保有するタクシー車両は現在都内最大規模の1万台を超えています。

 

タクシー配車アプリの名称“S.RIDE”には、Simple、Smart、Speedyな乗車体験を提供する新たなタクシー利用体験を象徴しています。アプリを起動し、ワンスライドするだけで、東京最大級のタクシーネットワークから現在地に一番近いタクシーを呼び出すことができ、乗車前や車内でのネット決済(※配車後の目的地入力機能、メッセージ機能、ネット決済機能は一部車両によっては非対応)やQRコード決済により、すぐに降車ができるタクシー配車サービスです。更にお気に入り設定でタクシー会社指定を設定することで、大和自動車交通のタクシーを指定して配車させることも可能です。

 

配車サービスの開始に合わせてソニーペイメントサービスと連携し、クレジットカード等を用いたネット決済や対面決済における決済代行サービスも開始しました。

 

みんなのタクシーは、今年度内にAI技術を用いた需給予測サービス等のサービス拡充を予定しています。

 

関連資料:みんなのタクシー、東京都内でタクシーの配車サービスの提供を開始(PDF)



週刊東洋経済(2019年4月13日発売号)に

弊社 代表取締役社長 前島 忻治のインタビュー記事が掲載されました。

 

「特集/AI時代に食える仕事 食えない仕事」のタクシー運転手(P.41)に関する記事で 、大和自動車交通が将来的に訪れる深刻な人材不足の解決策として取り組む「自動運転」の実証実験についてと、「自動運転」がタクシー業界に与えるであろう変化について語っています。



みんなのタクシー、ベクトルで

タクシー後部座席IoTサイネージサービスを開始

 

2019年4月3日より、みんなのタクシー株式会社(以下、みんなのタクシー)と総合PR会社の株式会社ベクトル(以下、ベクトル)は、みんなのタクシー提携のタクシー車両における後部座席IoTサイネージサービス「THE TOKYO TAXI VISION GROWTH(グロース)」を開始しました。

 

みんなのタクシーは、都内タクシー会社5社(グリーンキャブ・国際自動車・寿交通・大和自動車交通・チェッカーキャブ)とソニー及びソニーペイメントサービスの合併企業で、タクシー会社5社が保有する車両は都内最大規模の1万台を超えています。また、ベクトルは総合PR会社として8期連続で過去最高売上、最高益を達成しており、また、急成長する動画広告市場及び顧客ニーズに合わせた映像製作や動画広告配信サービスを提供することのできる環境を持つ企業です。

 

「THE TOKYO TAXI VISION GROWTH」の特徴は、タクシー後部座席というプライベートな空間で、10.1インチの大画面に音声を合わせた高精細な映像体験による広告認知とオリジナルコンテンツの配信です。都内における月間約700万人のタクシー利用者に配信が可能です。

そして、都内ビジネス層の視聴意欲を掻き立てるようなオリジナルコンテンツも充実しており、タクシー利用層に向けた新しい移動体験を提供します。

 

関連資料:みんなのタクシー、ベクトルでタクシー後部座席IoTサイネージサービスを開始(PDF)



TAXI3.0(まだ見ぬタクシーの未来)へ向けて

 

時代が平成から令和に変わる今年(2019年)、折しも、大和自動車交通株式会社(以下、わたしたち)は、創業80年の節目を迎えます。それを記念して4月1日、「TAXI 3.0」(タクシーサンテンゼロ)と題した1本のコンセプト動画をリリース致しました。

 

タクシーという輸送サービスが誕生して、およそ一世紀になりますが、わたしたちは、言わばタクシー創成期からこのサービスを提供して来ました。この間テクノロジーの進化と共に、ゆっくりとそして確実に進化を遂げてきたタクシーは、インターネットの爆発的な普及と通信の高速化によって、今日その進化のスピードをさらに加速化させています。

 

仮に、タクシー創成期を「TAXI 1.0」と規定すると、例えば、MaaSという概念の登場やIoT、AI導入によるサービスの効率化、さらには、自動運転カーによる運行を見据えたタクシー業界の動きに象徴される技術革新の加速化した今日は「TAXI 2.0」にバージョンアップした時代と言えるでしょう。そして動画タイトル「TAXI 3.0」とは、「TAXI 2.0」からさらにバージョンアップした「まだ見ぬタクシーの未来」像を表現しています。

 

ぜひ、より多くの皆様にご覧頂きたいと思います。

 

関連ページ:動画コンテンツ(※過去から現在までの動画コンテンツを公開中)



女性ドライバー用ユニフォーム、新デザインを採用

 

大和自動車交通株式会社は、女性ドライバーにより心地よく働いて頂くことでお客様へのサービス向上を目指すために、2019年4月1日より「大和オリジナル」と「現場ファースト」をコンセプトとした新ユニフォームを採用致します。


■デザイン

・全体のシルエットを大幅に見直し、スタイルの良さと動きやすさを両立

・オリジナルデザイン(Candy Map Design採用)のスカーフまたはネクタイから選択可能

・パンツはロングパンツまたはクロップドパンツから選択可能

・夏場に便利な同生地のベストを新規導入

 

■機能性

・ジャケット、パンツ、ベストにポケットを追加

・シワになりにくく、着心地の良いストレッチ生地を採用

・自宅でも洗濯可能(ウォッシャブル素材)

 

■スカーフアレンジ

・オリジナルデザイン(Candy Map Design採用)のスカーフは様々なアレンジを楽しむことが可能