良いタクシー会社を比較するポイント!

求人内容以外のチェックポイントは?

タクシー会社に就職を考えているものの、企業数が多くてどこに就職したら良いのか迷って困っていませんか。しかし決して、どのタクシー会社も同じではありません。給料や待遇、サポート体制など、良いタクシー会社の見極め方をご紹介しましょう。

 

タクシー会社の良し悪しは給料だけではありません

タクシー会社を選ぶポイントは、給料だけではありません。サポート体制や住環境といった福利厚生をはじめ、歩合の比率などさまざまな条件が異なってきます。

 

・  大手にこだわってタクシー会社を決める

 

大手のタクシー会社は社会保障制度や福利厚生、給与制度などが充実していると言われています。東京で大手とされるタクシー会社といえば、「大和自動車交通」「日本交通」「帝都自動車交通」「国際自動車」などが挙げられるでしょう。業界関係者の間では、この4社の頭文字をとって「大日本帝国」と呼ばれています。

 

・  足きりの額

 

「足きり」はタクシー業界だけで使用される業界用語で、営業で言うところの「ノルマ」と同じ意味です。ただし、足きりの額はタクシー会社によってさまざま。足きり額が低く設定されている会社はノルマの達成が容易なため、利益率が高くなる可能性があります。また、足きり額(ノルマ)を上回る業績分にインセンティブがどれくらい加算されるのかも、会社によってまちまちです。あらかじめ、会社に聞いて確認しておくようにしましょう。

 

・  単身寮などがあるかないか

 

地方から東京に上京して稼ぎたいと考えている人にとっては、住居の用意があるか否かで生活が大きく変わってくるでしょう。東京都心にあるタクシー会社の中には、家賃2万円ほどで入居できる単身寮を備えているケースがあります。さらに冷蔵庫やテレビ、洗濯機などの家電製品、寝具一式が備わり、すぐに生活できる環境が整っている場合もあるようです、そうすれば、入居にかかる費用が大幅に削減できます。

 

・  サポート体制が充実しているか

 

タクシー会社を選ぶうえで、サポート体制はとても大切なポイントです。入社後に手厚い研修制度などを設けているタクシー会社なら、未経験者でも安心してタクシードライバーとしてデビューできます。入社後の数ヶ月間は給与保証制度のある会社もあるので、具体的な内容も確認するようにしてください。

 

タクシー会社のメリットとデメリットをまとめよう!

タクシー会社には、それぞれ長所と短所があります。長所と短所を比較して、自分にとってどちらが有利なのかを検討しましょう。例えば研修などのサポート制度は手厚くないけれども足きり額が低く、足きり額を上回る業績分に加算されるインセンティブの率が高い場合。儲けを重視する人にとっては、サポートが充実している会社以上に魅力を感じられるはずです。

 

また、入社後の研修期間が短い会社の場合、研修によって学ぶ時間は少なくなりますが、すぐに売上を出して稼げる可能性があるとも言い換えられます。ただし大手のタクシー会社では研修期間がしっかり設けられているだけでなく、期間中に給与保証してもらえるケースが少なくありません。そうなると、ある程度の金額が得られれば安心感が増し、魅力が高まるのではないでしょうか。自分にとって何が優先されるのかを考えたうえで、よく会社ごとの違いを比較してみてください。

 

実際、どんなタクシー会社が働きやすい?

タクシー会社を見極めるポイントについて解説してきましたが、実際のところ自分にとってどんな環境が働きやすいのか、なかなか分からないという方は多いでしょう。

 

未経験からタクシー会社に転職してタクシードライバーを目指すなら、しっかりとした研修が受けられるタクシー会社がおすすめです。特に給与保証などが充実していれば、ゆっくり地に足を付けて必要な知識・スキルを学べるでしょう。

 

中には上司との上下関係が苦手で、タクシー会社への転職を考えているという人がいるかもしれません。そういう場合はあらかじめ会社を訪問し、職場環境や雰囲気を確認しておくことをおすすめします。後から後悔するようなことがないよう、自分なりの基準を持って検討してください。