タクシー会社へ提出する履歴書の志望動機の書き方はどうすれは良い?

タクシー会社に転職する場合、どのような志望動機が好まれるのでしょうか。具体的な書き方について、例を示しながら解説していきましょう。タクシードライバーは接客サービス業です。志望動機を書く際には、まずそのことを念頭に置きましょう。そのうえで、タクシー会社の人事担当者がどんな人に入社して欲しいと思うか、考えてみてください。

 

ズバリ!タクシー会社に受かる志望動機の書き方

タクシー会社への転職を検討しているのなら、まずはタクシー会社の人事担当者がどのような人材を求めているのかを知ることが大切です。タクシー会社に限ったことではありませんが、どの企業でも真面目で責任感のある人材を求めています。そのうえでタクシードライバーという職業を考えた場合、接客サービスの側面が強いため、やはり接客対応力のある人材は必要とされるはずです。また、タクシードライバーには夜勤があり、かなりの体力を必要とします。体力面や健康面でのアピールも忘れないようにしましょう。

 

以上のことを踏まえて、真面目で几帳面、安全運転をモットーにしていることを伝えるようにしてください。例えば前職では人望が厚く、周りから頼りにされる存在だった。あるいは管理側や役職を持つ立場だったなどという情報を含められると、人事担当者の興味を引き出せるでしょう。あるいは性格面から、温厚で車を運転する際に譲り合いの精神を持ち、安全運転に努めているといった点も好印象を与えます。

 

接客サービスの側面を強く持っているタクシードライバーは、社交性も大切です。いろんな人と話すことが好きなど、社交的で話し好きな性格も良いアピールになります。また、日々運動に取り組んでいるなど、健康面への配慮や管理についても触れておきましょう。ただし前提として、あくまで志望動機であることを忘れてはいけません。ただのアピール文にならず、それらを背景にタクシードライバーの仕事を強く志望しているのだという気持ちをしっかり伝えましょう。

 

タクシー会社に合格する志望動機の書き方例

・  安全運転と几帳面な性格をアピールする志望動機・書き方例

 

前職では、大手配送センターでトラック運転手として働いていました。常に安全運転をモットーとしており、事故は一度も起こしたことがありません。安全運転に努めてきたので、免許証はゴールドです。さらに運転する仕事と深くかかわりたいと思い、御社を志望いたしました。トラック運転手として培った土地勘を活かし、タクシー会社ではお客様を大切にしながら、より安全な送迎が行えるものと自負しております。タクシー会社で働くのは初めてですが、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

・  接客サービスに向いているということをアピールできる志望動機・書き方例

 

これまでは、レストランで接客サービスの仕事についていました。お客様に楽しい時間を提供することがレストランの接客担当の務めです。接客業としての実績を活かしながら、丁寧な送迎と素晴らしい時間をお客様に提供して行きたいという思いから、御社を志望させていただきました。お客様には快適な移動時間をお過ごしいただけるように、節度のある会話と丁寧な接客サービスを提供して参りたいと考えております。タクシー会社での勤務経験はございませんが、お客様への配慮を欠かさず満足していただけるように努力致します。

 

・  体力や健康面をアピールする志望動機・書き方例

 

日頃から体力をつけるために、毎朝の10kmのジョギングが日課です。また、健康面でも病気などにかかったことがなく、風邪なども5年ほど無縁で過ごしております。そのため、体力・健康ともに自信があります。私の長所である体力と健康を最大限に活かし、御社でぜひタクシードライバーとして活躍したいと思い、志望させていただきました。タクシードライバーは未経験ですが、安全運転には自信があります。

 

志望動機は強い気持ちを表明しよう!

応募動機の書き方について、例を挙げながらご紹介してきました。応募動機を書くポイントとして、何よりもタクシー会社で働きたいという気持ちを強く表明することが大切です。前職で積んだ経験をタクシー運転手としてどのように活かせるのか。人事担当者に伝わるよう、整理してまとめるようにしてください。例えば、配送ドライバーとして働いた経験があるので、都内の主な幹線道路は把握しているといったこと。あるいは安全運転をモットーにしているので、タクシー運転手としても安全でお客様やさしいサービスが提供できること。それらを前職と結び付けた志望動機の内容にすると、より人事担当者に伝わりやすくなります。