地方から東京に出てきて転職するならタクシードライバーがおすすめ!

タクシー会社へ転職される方の中には、地方から東京に上京しようと考える方も多いでしょう。では地方に比べて、東京のタクシー会社はどのような点が恵まれているのでしょうか。入社祝い金や寮の完備など、東京に出てすぐに働ける体制の整ったタクシー会社もあるようです。

東京のタクシー会社なら地方からの転職でも安心

東京都心にあるタクシー会社の中には、上京してタクシー運転手として働きたいという方のために、単身寮を用意しているケースがあります。単身寮には冷暖房や冷蔵庫、電子レンジ、テレビ、洗濯機などの電化製品をはじめ、布団などの寝具一式が備わっているので手ぶらで入居が可能です。また、女性向けのセキュリティ対策の整った住居や、女性専用の更衣室、休憩室などを装備しているタクシー会社もあります。

こうした設備が整っていれば、上京してすぐに入居し、翌日からでも研修が受講できるでしょう。地方と東京では道路事情なども異なる部分がありますが、ほとんどのタクシー会社では1カ月ほどの研修を用意しています。マナーや語学、接客サービス、交通バリアフリーなどをはじめ、二種免許の取得に向けた自動車学校への通学など充実した内容です。研修期間中には給与保証があり、二種免許取得のための自動車学校にかかる費用などもタクシー会社の負担です。

研修期間を終了して配属後も、営業方法や成績を上げるための研修制度が充実しているタクシー会社が少なくありません。早い段階から、成績を上げて稼げる環境が整っています。多くのタクシー会社では数カ月の給与保証制度が設けられ、体調管理に注意しながらじっくり仕事に慣れる期間が用意されているでしょう。一定額の給与保証制度を設けている場合もあるため、新天地で不安という方には嬉しい環境です。

都内のあるタクシー会社では、外部から講師を招聘した事故防止の講習会なども実施しているケースがあります。事故防止のコンサルタントや動体視力トレーニング、作業療法士による救急処置の講習などがあり、事故や、その予防対策の対応などが学べる体制です。

また、高齢の方に高齢者特別研修を行っているタクシー会社などもあり、年配の方でも安心して働けます。具体的には、60歳以上のタクシードライバーの方を対象に認知能力や判断能力、動体視力などのトレーニングを実施。事故予防につなげるさまざまな制度が充実しています。

 

東京のタクシードライバー 土地勘がなくても大丈夫

東京のタクシードライバーは、ある特定のエリアだけ地理試験を受験して合格しなくてはなりません。地理試験があるエリアは、東京23区と武蔵野市、三鷹市、神奈川県の横浜市、川崎市、横須賀市、三浦市などです。ただしほとんどのタクシー会社で、地理試験に合格するための研修制度を設けています。

 

地理試験には主要幹線道路に関する問題や都内の主要な施設の位置、それ以外の乗車地から降車地までの最短経路などを問う応用問題などが出題されます。試験およびこれに向けた研修・勉強によって、自然とおおよその都心の地理が頭に入るでしょう。試験に合格すれば、地方から上京して土地勘がなかった方でも、安心してタクシードライバーとしてデビューできます。

 

また、東京では女性のタクシードライバーを積極的に採用しているタクシー会社が少なくありません。女性のきめ細かい「おもてなし」が好評です。女性にとっても、タクシードライバーは新たなキャリアとして可能性を秘めています。そうしたタクシー会社では女性の働きやすさにフォーカスした制度なども充実化させていますので、安心して上京し、仕事に取り組めるはずです。