定年退職後の第二の人生はタクシードライバーがおすすめ

タクシー会社では、幅広い年代層の方が働いています。中には、第二の人生に向けて定年退職後にタクシードライバーになった方もいるでしょう。タクシードライバーは基本的に1人で働く仕事なので、人間関係のストレスが少なく自由度が高いなど、さまざまなメリットがあります。

接客対応は高齢の方が向いています

タクシードライバーになりたいという希望者は、毎年増加し続けています。希望者が増加し続けている要因として、車内で1人行う業務が多いため自由度が高いということ、女性ドライバーの採用枠を増やして女性が安心して働ける環境づくりにタクシー会社各社が力を入れていることなどが挙げられます。

タクシー会社に転職したいという希望者が多く、毎年たくさんの人たちがタクシードライバーとしてデビューしています。高齢の方は人生経験の豊富な人が多いため、お客様とのコミュニケーションを上手に行っているケースが多いでしょう。安定して長くタクシードライバーを続けているという、高齢の方が多いのもうなずけます。

 

タクシー会社ではこんな方が働いています

タクシードライバーは接客サービス業といっても過言ではありません。接客業や営業関係の業界で定年まで勤めて、タクシードライバーとして新たなスタートをきったという方も多いようです。

また、接客サービス業とは無縁のシステムエンジニアから転職したというタクシードライバーの方や、テレビ業界で活躍していたという方もいます。女性では事務職として働いていたという方、テーマパークやホテルなどで接客サービスを担当していたという方も見受けられます。

あるいは、自衛隊を退官して第二の人生にタクシードライバーを選択したという方もいます。幅広い人生経験で培った多くの引き出しを持っていればいるほど、接客対応にも幅と奥深さが生まれてくるはずです。人生経験が豊富な分、お客様の悩み相談にもうまく対応してあげられるのではないでしょうか。

 

数多くあるタクシードライバーのメリットとは?

タクシードライバーは1人でいる時間が長いので、自由度が高いという点も魅力の1つです。タクシー会社に属していても売り上げで収入が左右されるので、自営業の色合いが強いのかもしれません。働いた分だけ売り上げや収入が応えてくれるので、モチベーションも高まります。

長いサラリーマン生活を経て定年退職を期にタクシードライバーに転向したという人の中には、自由に使える時間が増えたことから、思いがけず第二の人生を楽しんでいるという方が多いようです。

また、自分で裁量する範囲が広いという点もタクシー会社の魅力ではないでしょうか。勤務体系によっては出勤日数を自分で調整できますし、残業をするかしないかも自分で決められます。また、余暇の時間を有意義に楽しむことも可能です。

あるいは、同僚や上司との関係に悩むことが少ない点もタクシードライバーのメリットです。営業所に戻れば仲間や先輩がいますが、上下関係はありません。お互いが仲間として認め合える関係です。

大手タクシー会社の多くでは研修制度や生活をサポートする制度が充実していて、スムーズにタクシードライバーとしてデビューできるようになっています。手厚いサポート体制が整っているという点も、タクシー会社の大きなメリットでしょう。