転職はタイミングが重要!スムーズに次の仕事に就くために

現在の会社を辞めようと思っているけれども、どのタイミングで辞めたら良いのかわからない。そんな方へ向けて、転職のベストなタイミングや次の仕事へスムーズに移行するために必要な生活プランの作成などについて、詳しく解説します。引継ぎの完了やボーナス月など、さまざまなタイミングがあることでしょう。次のステージに向けて、気分良く切り替えたいものです。

転職を考えている人へ、会社を辞めるタイミングはいつ?

・ボーナスや有給休暇の消化で転職を考える

会社を辞めるタイミングでもっとも多いのが、夏か年末のボーナスをもらってから、または有給休暇をすべて使い切ってからというケースではないでしょうか。しかし会社によって異なりますが、ボーナスの前に退職する意向を伝えてしまった場合、本来受けとれるはずのボーナスが満額で支給されないことがあります。

ボーナスは会社の経営状況に応じて、評価と査定から金額が決められます。そして査定は、会社側の自由裁量ということになっているのです。そのため、辞表を出したという理由で減額されても、問題にはなりません。

こうした背景から、会社を辞める意思を伝えるのはボーナスが支給されてからの方が良さそうです。ただし、ボーナスをもらった直後というはあまり良い印象を持たれないので、ボーナスの支給日から数週間経ってから退職の意思を伝える方が良いかもしれません。

また、有給休暇を消化していない場合には、有給休暇を消化してから退社するという選択肢もあります。しかし転職先がすでに決まっている場合には、有給休暇にこだわる必要はありません。むしろそれよりも、次の職場で働いて、早く仕事を覚えた方が自分のためになるのではないでしょうか。

・求人サイトでは3月頃と9月に求人が増加傾向

求人媒介の多くで、3月の前後と9月に求人数が増加する傾向がみられます。理由として、3月は企業にとって年度末にあたり、9月は半期末にあたるためだと考えられます。

1年か半期で採用計画を立てる企業が多く、年度末や半期末は社員が退職することが多い時期でもあるでしょう。また、年度替わりには新入社員が入ってくるため、それに合わせて不足分の採用枠を募集することが多いようです。

これはあくまでもデータに即して考えた場合のタイミングですが、3月と9月に転職するタイミングを持ってくると、スムーズに転職ができる可能性があります。

 

どのように生活設計を立てたら良い?

転職に際して特に気になるのが、生活設計ではないでしょうか。一人暮らしで毎月の生活費にそれほど執着していないという方でしたら問題ありませんが、家族がいる場合やローンがある場合には、毎月必要な額を考えて生活設計を立てなくてはいけません。

・家族がいる方は最低でも6カ月間は生活できるだけの貯金が必要!

退職して1カ月後には、前の会社から給料が入ります。また退職金が出る場合は、退社して3カ月ほどは収入が得られることになるでしょう。

転職がスムーズにいかなかった場合には 、失業給付金を受けることも可能です。ただし自己都合で退職した場合には、約3~6カ月後からの給付になるので注意してください。このようなことを考えると、最低でも6カ月間は生活できるだけの貯金が必要です。

 

タクシー会社の多くは給与保証制度があるのでスムーズにスタートできます

大手タクシー会社では、手厚い生活サポート制度が充実しています。そのため、年間を通していつでも転職のタイミングがあると言って良いでしょう。転職がうまくいかず生活設計通りにならなかった場合でも、数カ月間の給与保証があるタクシー会社では安心してタクシードライバーとしてデビューできます。

タクシーに乗務するためには二種免許が必要ですが、多くのタクシー会社では給与保証された研修期間中に二種免許の取得ができるでしょう。もちろん、免許取得にかかる費用などもタクシー会社が負担してくれます。

大手タクシー会社では、月に30万円から40万円ほどの給与保証が3〜6カ月間設定されている場合があります。これなら生活の心配なく、じっくりと腰をすえてタクシードライバーとして働ける準備期間が得られるのではないでしょうか。