転職はうまくいかないことが多い?うまくいく転職先はないの?

これまで培ってきた知識や経験をいかせる企業への転職でしたら、成功する確率は高くなるでしょう。しかし実際のところ、年収や待遇面だけで転職先を探している人が多いのが実情です。今回は上手に転職するために必要な、ポータブルスキルの重要性を解説します。また、転職の成功事例などを紹介しながら、転職を成功させるためのコツについてもまとめてみました。

転職に必要なことはポータブルスキル

みなさんは、ポータブルスキルという言葉をお聞きになったことがあるでしょうか。ポータブルスキルとは、専門分野のスキルだけでなく、その人が長い間につちかってきた人間力に由来するスキルを指します。例えば厳しい職場環境で働いてきたという経験のある人でしたら、忍耐力や辛抱強さ、体力、ストレスに強いといったポータブルスキルを培ってきているのではないでしょうか。

またはアイデアを出す部署で企画力を養ってきた実績である、たくさんの人材と関わってきたことからコミュニケーション能力が優れていることも、立派なポータブルスキルと呼べるでしょう。SNSを駆使した発信力を持っている、知名度の高いブログを運営しているといったことなど、ポータブルスキルは多岐にわたります。

工場などで長い間地道に従業員のモチベーションを上げるために働いていたという経験も、人材派遣会社や食品メーカーといった企業側から見れば、立派なポータブルスキルとして評価されるはずです。

 

実績や経験のない業界に転職して収入が増えるわけがありません

実績や経験がないのに、収入や待遇だけで転職先を探してもうまくはいきません。転職する前には、先ほど述べたポータブルスキルを細かく書き出してみることが大切です。書き出すことで、自分では気がついていない隠れたポータブルスキルが明らかになることがあるでしょう。大企業でリストラが実施されている一方で、中小企業では深刻な人材不足に陥っています。

ある企業ではいらない人材だとしても、他方の企業では喉から手が出るほど欲しい人材であることがあります。このようなミスマッチを防いで理想の転職先を見つけるためにも、自分が持っているポータブルスキルを自覚し、あなたを求めている企業に転職することが重要です。ポータブルスキルとマッチした企業に転職できれば、収入が増えて企業にとっても収益に結びつきます。

ミドル世代の転職には年収のダウンというリスクがつきものです。転職を考えているのでしたら、会社を辞めてから活動するのではなく、企業に在籍している間に転職活動を行った方が精神的にも余裕のある判断ができます。また、転職してさっそく年収を気にするのではなく、数年かけてゆっくり年収を伸ばしていくくらいの心構えが大切です。

 

未経験からスタートできるタクシー会社

タクシー会社なども、ポータブルスキルが生かせる業界の一つです。丁寧な接客対応やスムーズな会話が行えるといったコミュニケーション能力も、タクシー会社にとってはポータブルスキルになります。また、厳しい職場環境で働いたという経験のある方でしたら、忍耐力や目標を達成させようとする強い意志を持ち合わせているのではないでしょうか。

タクシー会社は未経験からスタートできる業界ですが、接客対応力やコミュニケーション能力などが問われる業界でもあります。タクシードライバーとして成功している人の中には営業職や管理職から転職したという人が多く、その要因として、人生経験など目には見えないポータブルスキルが役立っているのではないかと考えられます。